血管の状態がひと目でわかる”血管専門”の検査法

血管の状態がひと目でわかる”血管専門”の検査法


・血管造営


1、どんな検査?

血管に造影剤を注入し、検査対象となる部位の動脈や毛細血管、
静脈を、連続的にX線撮影して、血管や周辺組織の異常を確認する。


2、異常値を示す主な病気

脳血管狭窄、脳動脈瘤脳出血脳梗塞、脳血管奇形、
脳腫瘍、もやもや病、心筋梗塞、大動脈瘤
肝臓・胆管・胆嚢・肝臓がんなど

 

主な対象臓器

脳頚動脈
冠動脈
腹腔内臓器
下肢など

 

・血管の異常だけでなく腫瘍の存在までわかる

 

血管の形状を克明に調べることにより、

体に生じている異常を見つける検査です。
血管の狭窄や梗塞、出血の様子などは鮮明に確認できるほか、
血管の乱れなどから腫瘍の存在や大きさ、場合によっては
良性、悪性の区別まで調べることが可能です。


血管造営検査は、

脳血管造影、腹部(肝・腎・腹腔・門脈など)血管造影などというように、
検査対象となる部位の名称を冠して呼ばれています。

 

血管造影検査は、超音波・CT・MRIなどの各画像検査の急速な進歩と普及により、
その活用の場は限定されつつありますが、
血管そのものの状態だけに焦点を当てた検査方法として、
その有用性は損なわれていません。

 

 

・検査は事実上丸一日かかる

 

検査では多くの場合、前腕部か、

ももの付け根(鼠径部)からカテーテルを挿入し、
検査部位まで導いて造影剤を注入しますが、
脳が対象になる場合は頚動脈から直接注入することもあります。

注入する造影剤にアレルギー反応を起こす場合があります。

 

ヨード系薬剤でアレルギー反応を起こしたことのある人は、

検査前に必ず医師に伝えてください。


検査後は止血などのため半日程度の安静が必要となりますから、
検査時間も含めると、事実上一日がかりの検査になると考えてください。

 


アドバイス

検査時に局所麻酔をしますが、

カテーテル挿入時に多少の痛みが、
また造影剤注入時に灼熱感があります。

 

しかし動くと危険ですから、我慢できないときは、
あらかじめ指示された方法で、検査技師か医師に合図してください。

 

《参考資料》
健康診断の検査値がとことんわかる事典 最新版